二股を掛けられているかもしれないと感じる

 

事実婚関係の恋人、まだ入籍前の婚約中の恋人、同棲している恋人が最近そっけない。そわそわしていて、携帯などを覗きこむとひどく怒る。こんな場合は、今までとの違いに違和感を覚え、「二股している?」と考えてしまいますよね。そんな時探偵に浮気調査を依頼したいと思ったら、費用面もとても気になりますよね。

 

恋人が二股しているかもしれないと感じる場合、実は多くのケースで勘が当たってしまいます。しかし、勘だけで相手を責めることもできず、浮気の確たる証拠がないからそのまま見てみぬふりをする人は数多くいます。でも、いずれ恋人への欲求不満が発生した時に、あの時の勘は正しかったのか、真実を知りたくなる気持ちがわき出てくることがあるでしょう。そうなった時には、恋人との関係はすでに破たんしており、修復不可能というケースもあるのです。つまり、二股をかけられているかもと感じたら、なるべく知ることのできる範囲で相手の真実を知っておくことが大切なのです。

 

依頼するなら時間単価が安い探偵がおすすめ

探偵に浮気調査を依頼する場合、気になるのは費用面ですよね。慰謝料も見込めない恋人の浮気調査ですから、できるだけ安い探偵にお願いしたいというのは当たり前のことです。探偵業は主なコストが人件費ですから、それぞれの事務所で料金が大きく異なります。しかし、料金表の書き方も異なるので、どこの探偵事務所が安くて優良なのかわかりませんよね。料金の見方ですが、時間単価を設定している探偵事務所が多いです。その時間単価を比較し、なるべく安い探偵へ依頼すれば、仮に長期間にわたる調査になっても懐へのダメージが少なくて済みます。

 

怪しい日を特定した依頼が理想

さらに、探偵の浮気調査料金は時間単価であることが多いですが、これはつまり無駄な調査を探偵にさせないことも、費用の節約になり安く済むコツです。例えば、相手の浮気が疑われる怪しい日時がわかればそれを伝えておくことで、探偵はその日時のみの調査で済む分、費用やコストを節約できます。ですから、浮気が疑われたらまずスケジュール帳や日記などに彼の怪しかった時間や日時を書きこんで、自分なりに調査しておくこともポイントですね。その他、携帯でちらっと見えた名前や、やり取りはどのように行っているのか、フェイスブックなどで怪しい人がいるなどの細かな情報でもいいので、探偵に依頼する際にはいくつか証拠や材料を持参すると良いでしょう。

 

自分で調査してバレるというのは避けたい

ただし、いくつか情報を探偵に持ち込むことで費用が節約できるといっても、自分の調査が相手にばれてしまっては意味がありません。怪しい日に自分で尾行したり、無理に携帯をみようとしたりすると、恋人は警戒し始めます。そうなると、浮気もコソコソおこなうようになり、なかなか尻尾をつかめなくなってしまいます。探偵もなかなか証拠がつかめなくなると、調査が長引いたり難航して、逆に多くの費用がかかってしまうことにもなりかねません。自分である程度恋人の怪しい日時を知っていればベストですが、あまり危険は冒さないようにしましょう。

 

恋人関係なので、発覚後に探偵が協力できることは少ない

最後に、既婚状態ではなく恋人関係である場合ですから、浮気調査で浮気が発覚しても、その後探偵が協力できることは少なくなってきます。既婚者であればしかるべき弁護士を紹介してもらい、慰謝料請求裁判を行うこともできます。しかし恋人関係では慰謝料は難しいので、探偵に協力できることと言えば恋人と今後どうしていきたいかなどの聞き取りしかなく、あまり多くのサポートは得られないのが現状です。最近では探偵事務所にカウンセラーの資格を持った人が常駐し、浮気発覚後のメンタル面でのサポートが受けられたりすることもあるようですが、これは探偵事務所によります。探偵は浮気が発覚しても、恋人と浮気相手が別れるように工作することはできません。ですから、恋人の浮気調査を探偵に依頼する際は、仮に浮気が発覚した場合自分はどうしたいのか、「調査の末のゴール」を自分なりに決めておくと良いでしょう。