探偵の浮気調査は既婚者限定ではない

籍は入れていない事実婚状態や同棲中など未婚の方でも、探偵に浮気調査の依頼をすることはできます。

 

探偵の浮気調査というと、既婚者が浮気の証拠をおさえる為に依頼するイメージがありますが、特に既婚者限定というわけではありません。どんな人も探偵に浮気調査の依頼をすることはできます。ただし、ストーカー目的の他人が探偵に調査依頼をすることはできません。また、タレントや芸能人などの調査を依頼することはできません。つまり、既婚者であるという縛りはありませんが、調査ターゲットとの関係性や、調査の目的によっては探偵が受け付けてくれない場合もありえるというわけですね。ですから、事実婚状態の人や同棲中の人は、できれば赤の他人やストーカー目的の調査でないことを証明するものとして、2人で写っている写真や付き合っている証明となるものを持参しておくとよいでしょう。

 

慰謝料請求は期待しないほうが良い

ただし、既婚者ではなく事実婚や同棲中のカップルである場合は慰謝料の請求目的で浮気調査を依頼するのは難しい場合があります。調査自体は探偵に依頼できますし、しかるべき証拠も集めようとすれば集まります。しかし、浮気による慰謝料請求の法律は、あくまで既婚状態である場合に適用されることが多く、実際はどんなに証拠を揃えても「では別れればいいのでは?」ということで終わってしまいます。事実婚である場合は、その状態がどれくらい続いたのかや、婚姻関係であるのと同程度の生活状態だったかなどを加味して認められる場合がありますが、実際事実婚を既婚と同程度と認めさせるのは難しいのです。ですから、相手の浮気を疑い探偵に依頼するのであれば、その証拠や調査報告をどのように使うのかは自分で考えなければなりません。相手と別れる口実、相手の浮気をこれ以上はやめさせる為など、慰謝料請求以外の目的を考えて、探偵に依頼するのが良いでしょう。

 

安い料金ではないで依頼は慎重に

探偵への浮気調査依頼は、そう安い値段ではありません。というのも、どんな仕事も一番のコストは人件費です。そして、探偵の調査業務には、多くの人が関わります。その人達の人件費や労力などを考えた場合、そう安くないのは容易に想像がつくでしょう。仮に激安の料金が提示されていても、多くの場合追加料金がかかり、最終的には安いとは言えない金額になります。例えば、恋人の浮気が週に2〜3日会う関係なら、1ヶ月もあれば具体的な浮気の証拠をつかめるでしょう。しかし、2〜3か月に1度しか会わないけれど、浮気をしている場合には、調査は数ヶ月、場合によっては半年など長期に及びます。相手の浮気の状態によっても、最初の提示料金でおさまるか、追加料金がどんどんかかるタイプか変わってきます。もし可能であれば、恋人の浮気の頻度がどれくらいなのか、恋人がどういう場所で浮気をしていそうなのかなどを把握しておくと、依頼後の調査に時間がかからず、費用を若干浮かせることができるかもしれません。いずれにせよ、短期であったとしてもあまり安いコストではないので、探偵に浮気調査を依頼する場合は慎重に行いましょう。

 

浮気の事実確認だけなら安く済ませることも可能

浮気の具体的かつ決定的な証拠は、ベテラン探偵でもなかなかおさえるのが難しいとされています。集める為には数多くの探偵が労力を割かなければならず、結果的にそう安い料金では終わらないのです。仮に既婚者であった場合、浮気の決定的な証拠を得ておけば、法廷で争う際に有利になり、慰謝料を得るための手段として有効です。そのことを考えれば、探偵の浮気調査の料金などは安いものです。しかし、事実婚や同棲中などのカップルが浮気調査に時間をかけても、実際には慰謝料を目的にすることが難しいです。浮気しているという事実確認だけなら、探偵の調査料金もそう高くありません。浮気の事実を知って別れるかを決めるだけなら、事実確認だけを依頼するのも良いでしょう。

 

浮気調査に依頼したことをバレないようにしよう

最後に浮気調査を依頼したことが恋人にバレると、結果的に浮気をしていなくても喧嘩して別れたりする結末に終わってしまいます。恋人には絶対ばれないようにし、探偵との連絡方法や、資料の受け取りについては厳重に注意しましょう。